過去ログ:

The Endourological Societyとの関係と2011年会費納入について

日本Endourology・ESWL学会評議員各位

理事長 松田公志

先般の評議員会で、

①本学会がThe E ndourological SocietyのAffiliated Societyとなること、
②評議員の先生方の学会会費が15000円に増額されること、
③評議員の先生方にはJ EndourologyのWEB version購読権が得られること、
④一般会員でも5000円を学会に納入することによってJ EndourologyのWEB version購読権が得られること、

が決定しました。
J EndourologyはVideo Urologyと合併し、多数の手術ビデオクリップの閲覧が可能で、手術手技の向上に極めて有用です。また、その購読料は通常250ドルであり、EE学会会員は大変安価に購読権が得られることになりました。
 
しかし、すでに23年度(22年9月-23年8月)のEE学会会費は納入されており、会則変更、The Endourological Societyとの調整、評議員名簿の準備など、来年からの執行には無理があります。決定から間が空いて残念ですが、会費の15000円への増額は24年度(23年9月-24年8月)から、J Endourology購読は24年1月からとなります。ご理解いただきますようお願いします。
 
現在、The Endourological Societyの2011年分会費納入請求が来ている先生が多くおられると思いますが、2011年については従来どおりお支払いいただきますようよろしくお願いします。

HOMEへ戻る