泌尿器科da Vinci 支援手術教育プログラム

一般社団法人日本泌尿器科学会
一般社団法人日本泌尿器内視鏡学会
       2010年 4 月27日 制定
       2012年11月30日 改定
       2017年 9 月 6 日 改定

泌尿器科領域のda Vinci 支援手術を始めるには、以下の教育プログラムを履修することを求める。

  1. 臨床計画の作成
    1. (ア) 手術計画
    2. (イ) 術者(コンソール側医師)、患者側医師、直接介助看護師のチーム編成
  2. 教育用DVDの視聴とオンラインによる教育システムの受講
  3. 各 da Vinci 設置施設におけるシステムトレーニング(機器管理、操作などに関する基礎的なトレーニング)
  4. 動物ラボトレーニング(*インテュイティブサージカル株式会社のプロトコールに従い、2日間で修了証取得)
  5. インテユイティブサージカル株式会社が認定した施設での症例見学
  6. シュミレーターまたはオンサイトトレーニング(20時間以上)
    da Vinciを実際に起動し、尿道膀胱吻合モデルを用いたトレーニングなど、円滑な鉗子操作および視覚-手指運動協調(hand-eye coordination)を習得するためのトレーニングを十分に行う

【da Vinci 支援手術ガイドライン、教育プログラムに戻る】